カード

モバイルEnekeyで楽天ポイント・dポイントの2重取りができる

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

モバイルEnekeyはTポイントカードだけではなく、楽天ポイントカードやdポイントカードと連携できるのをご存じでしょうか。

これらはEnekeyに連携すると、支払いと同時に2リットルにつき1ポイントを貯めることができます。

さらにEnekeyに紐付けるクレジットカード次第ではポイントの2重取りも可能です。

そこでこの記事では、楽天ポイントとdポイントの2重取りができるクレジットカードについて、ガソリンスタンドの販促の手伝いを10年以上行ってきた専門家の立場からご説明します。

モバイルEnekeyで2重取りできるクレジットカード

楽天ポイントカードやdポイントカードをモバイルEnekeyに連携するとポイントの2重取りができます。

ただそれには、これらのポイントが貯まる以下のようなクレジットカードをモバイルEnekeyに紐付ける必要があります。

楽天カード

楽天カードはご存じの通り、最も楽天ポイントを貯めやすいカードです。

このカードは2023年9月までエネオスの特別提携カードだったため、モバイルEnekeyに紐付けても楽天ポイントカードとの連携ができませんでした。

しかし2023年10月にこの提携が終了し、現在ではこのカードとモバイルEnekeyを紐付けると、楽天ポイントカードの連携ができるようになっています。

紐付け・連携後のポイント2重取りの内訳

楽天カード:100円につき1ポイント
楽天ポイントカード:2リットルにつき1ポイントです。

例えばガソリンが1リットルが150円のときに20リットル給油した場合、楽天カードで30ポイント・楽天ポイントカードで10ポイント、合計40ポイントが付与されます。

ポイント付与のタイミングは、楽天ポイントカードが数日後、楽天カードが翌月15日前後になっています。

dカード

dカードも楽天カード同様、以前までENEOSの特別提携になっていたカードです。

そのため今まではポイントの2重取りができませんでした。

しかし現在は、dポイントカード分とdカード分のポイントを同時に獲得することが可能です。

dカードをモバイルEnekeyに紐づけてdポイントカードを連携した場合のポイント付与は、dカード100円につき1ポイントとdポイントカード2リットルにつき1ポイントです。

ポイント付与のタイミングは、dカードが決済完了日、dポイントカードがその場で付与となっています。

Enekeyに紐づける場合注意が必要なクレジットカード

楽天カードやdカードは、モバイルEnekeyへの紐づけで楽天ポイントやdポイントが貯まるポイントカードとの連携ができます。

もちろんこの2つのカード以外のクレジットカードでもポイントカードとの連携は可能です。

しかし、中にはモバイルEnekeyにポイントカードを連携できないクレジットカードもあります。

Tカード(クレジットカード)

Tカードは楽天カードやdカードと違って、ENEOSの特別提携カードになっています。

そのため、モバイルEnekeyにTカード(クレジット)を紐付けてもポイントカードを連携できません。

つまり、モバイルEnekeyにTカードを紐づけてもTポイントカードを連携することができないのです。

エネオスと言えばTポイントというイメージがありますが、Tカードは2重取りができない仕様になっています。

特別提携カード

ENEOSにはTカードと同様にモバイルEnekeyにポイントカードの連携できない特別提携カードがいくつかあります。

楽天ポイント・dポイント・Tポイントを集めているなら以下のカードをモバイルEnekeyに紐づけないように注意しましょう。

  • TS CUBICカード
  • JALカード
  • ANAカード
  • ビューカード
  • レクサスカード
  • セブンカードプラス/セブンカード

また特別提携カードではありませんが、ENEOSカードもポイントカードの連携できないカードになっています。

特別提携カードはT・D・楽天ポイントカードを連携できないものの、エネオスで利用するとクレジットポイントやマイルが多く貯まる特徴があります。

最後に

モバイルEnekeyを使って2重取りをするなら、楽天カードと楽天ポイントカード、もしくはdカードどdポイントカードの組み合わせが最適です。

もちろん他のカードを使っても2重取りは可能です。

しかし、エネオスの特別提携になっているカードとENEOSカードに関してはポイントカードとの連携ができないので注意してください。

こちらの記事もおすすめ