カード

ENEOSTカードでガソリンがお得になる2つの理由

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

エネオスのガソリンスタンドで現金給油するならENEOSTカードは欠かせません。

ENEOSTカードは給油でポイントが貯めれるだけではなく、貯めたポイントを利用でき、さらに現金会員カードとして会員価格で給油できる優れものです。

ENEOSカードのようなクレジットカードではないので、ガソリンの値引額は大きくありませんが、無料でもらえるカードとしては十分な効果があります。

そこでこの記事ではENEOSTカードの魅力について、ガソリンスタンドの販促の手伝いを10年以上行ってきた専門家の立場からご説明します。

ENEOSTカードでガソリンがお得になる2つの理由

ENEOSTカードのメリットは、ポイントと値引きの2つです。

どちらも節約効果があるので現金派ならぜひ使ってみてください。

Tポイントが貯まる・使える

エネオスのガソリンスタンドでTポイントカードを使うと、ガソリン給油2ℓにつき1ポイントのTポイントが貯まります。

さらに貯まったポイントは、1ポイント1円で給油にも洗車にも利用できます。

また多くのガソリンスタンドでは、Tポイント「〇倍デー」などのキャンペーンを実施していて、このようなキャンペーンでは通常2ℓにつき1ポイント貯まるTポイントが、3ポイントや5ポイントになることがあります。

Tカードと併用が出来ないクレジットカード

Tポイントカードは現金だけではなく、クレジットカードと併用してもポイントを貯めることができます。

一部のクレジットカードを除いてEneKeyに紐づけることもでき、クレジットポイントとTポイントの2重取りも可能になっています。

一方、Tポイントカードの2重取りができないクレジットカードは以下の特別提携カードです。

Tカードと紐づけできないクレジットカード
  • ENEOSカード
  • 楽天カード
  • dカード
  • TSCUBICCARD
  • JALカード
  • ANAカード
  • ビューカード
  • レクサスカード
  • セブンカード・セブンカードプラスなど

Tカードで現金会員価格給油ができる

ENEOSTカードは現金会員カードの役割も果たしています。

通常現金でガソリン給油をする場合、フリー価格と呼ばれる現金価格でしか給油はできません。

しかし、Tポイントカード(ENEOSTカード)は多くのエネオスで、現金価格ではなく現金会員価格(Tカード価格)で給油ができるメリットがあるのです。

現金会員価格(Tカード価格)は、現金価格に比べて1ℓあたり数円安く設定されています。

ただし、Tカード価格は固定価格ではないので、ガソリンスタンドによって価格が異なっています。

ENEOSTカードはもらえないこともある?

ENEOSTカードはエネオスのガソリンスタンドで無料でもらうことができます。

また、このカードはその場ですぐに使うこともできます。

しかしENEOSTカードは、すべてのエネオスのガソリンスタンドでもらえるわけではありません。

ガソリンスタンド個々の戦略でこのカードを扱っていない店舗もあるのです。

そのため、ENEOSTカードをもらいに行っても「扱っていない」と言われることがあるので注意してください。

最後に

ENEOSTカードは値引きとポイントの両方で給油のメリットがあります。

そのため、普段エネオスで現金給油する人にはとても魅力的なカードになっています。

ガソリンカードに比べると大きな恩恵はありませんが、あまり車に乗らない人には十分なメリットなので興味があれば使ってみてください。

Tポイントカードと楽天ポイントカードどちらの方がお得なの? ENEOSのTポイントカードと出光の楽天ポイントカードではどちらがお得にポイント貯まるかご存じですか? どちらもガソリンスタンド...
こちらの記事もおすすめ