カード

ENEOSのセルフでPayPay(ペイペイ)を使って給油することはできる?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ガソリンスタンドでPayPayが使えたら便利ですよね。

特に日本で一番多いENEOSで使えたら、現金を持ち歩かず、どこでも給油ができるので便利と感じる人も多いはずです。

しかし、ガソリンスタンドでPayPayが使えると言う話はあまり聞きません。

そこでこの記事では、ENEOSのガソリンスタンドでPayPayが使えるのかについて、ガソリンスタンドの販促の手伝いを10年以上行ってきた専門家の立場からご説明します。

ENEOSでPayPay(ペイペイ)を使って給油することはできる?

結論から言うと、ほとんどのENEOSのガソリンスタンドでPayPayは使えません。

とくにセルフのガソリンスタンドでは、PayPayを使えるところはまだありません。

PayPayが使えるのは、今のところ一部のフルサービスのガソリンスタンドのみになっています。

セルフのガソリンスタンドでPayPayが使えない理由としては、清算が価格決定後になるためです。

ガソリンスタンドの価格の決定は、ガソリン給油後になるので、セルフのようなところでは清算しないで給油されてしまう恐れがあります。

そのためENEOSのセルフスタンドでは、QR決済やバーコード決済ができなくなっています。

逆にフルサービスの場合は、スタッフが対応できるので、PayPayが使える店舗も存在します。

ただしENEOSのセルフでも、下記のようなスマホを使った非接触型の電子マネーは利用可能になっています。

ENEOSで使える電子マネー
  • QUICPay
  • iD
  • 楽天Edy
  • nanaco
  • Suica・PASMOなど交通系

PayPayが使えるセルフのガソリンスタンドは

PayPayはENEOSでは使えませんが、使えるセルフのガソリンスタンドもあります。

使うことができるのは、一部のJAのガソリンスタンドです。

現在、PayPayが使えるセルフのガソリンスタンドは、JAのガソリンスタンドのみになっています。

また、JAのセルフスタンドでは、PayPayの他にも以下のようなQR決済・バーコード決済サービスが使えます。

  • PayPay
  • LINEPay
  • メルペイ
  • d払い
  • auPAY 
  • BankPay
  • J-CoinPay
  • ゆうちょPay
  • Alipay
  • WeChatPay

※店舗によって使えるブランドが異なります。

JAセルフスタンドでも、これらが使えるところと、使えないところがあるので、こちらで検索して利用してください。

ENEOSで楽にお得に給油する方法

ENEOSのセルフではPayPayは使えませんが、PayPayと同じように簡単に給油する方法があります。

それはEnekeyを使った給油です。

EnekeyならPayPayと同じように、お金を持ち歩かずにガソリン給油ができます。

また、PayPayと違ってガソリンスタンドによっては、Enekey割引があるところも存在しています。

さらに紐づけするクレジットカードをENEOSカードにすると、エネオスで最も安い価格で給油できるメリットもあります。

そこで以下では、Enekeyに紐づけると最もお得になるENEOSカード3種類について説明します。

ENEOSカードS(スタンダード)

ENEOSカードSは、いつでも請求時にガソリン代が1ℓあたり2円引きになるカードです。

ENEOSカードは請求時値引きのほかに、ガソリンスタンドの店頭で一番安くガソリン給油ができるメリットがあります。

そのためENEOSカードSの場合は、ガソリンスタンドの店頭値引きと、請求時に2円/ℓ引きのダブル値引きを受けることができるのです。

他のENEOSカードも、ダブル値引きは変わりませんが、ENEOSカードSは最低でも2円/ℓ引きが確定しているので非常に安定したカードになっています。

また、年間1回以上使用すると年会費が無料になるため、使っている人は実質年会費が無くなるのも良いところです。

ENEOSカードP(ポイント)

ENEOSカードPは、貯めたポイントをキャッシュバックできるカードです。

このカードはエネオスで利用すると、1,000円ごとに30ポイント貯まり、貯まったポイントは1,000ポイント=1,000円でキャッシュバックできる仕組みになっています。

そのためエネオスでは、3%という高い還元率を誇っています。

また他のカード同様に、エネオスのガソリンスタンドの店頭では、ガソリン値引きのメリットもあります。

ただしENEOSカードPは2年目以降の年会費が、1,375円必要になるので注意が必要です。

ENEOSカードC(キャッシュ)

ENEOSカードCは請求額に応じて、請求時の値引きが最大7円/ℓ引きになるカードです。

月のカードの利用額が1万円未満ならガソリンの請求時値引きは1円/ℓですが、7万円以上利用すると、1リットルあたり7円引きの恩恵を受けることができます。

ただし、こちらのカードも2年目以降の年会費が、1,375円必要になっています。

最後に

残念ですが、現在ENEOSでPayPayは使えません。

一部フルサービスで使える店もありますが、セルフスタンドでは利用できるところがまだないのが現状です。

そのためどうしてもPayPayで給油がしたいならJAのセルフか、これが使えるフルサービスのガソリンスタンドを探してみてください。

簡単に給油したいだけなら、ガソリン価格的にもメリットがあるEnekeyを活用しましょう。

エネオスのトクタスメールってガソリン割引があるの?登録の仕方は? ガソリンが安くなる裏技があれば知りたいと思っている人は多いですよね。 もしそう思っているなら、エネオスのトクタスメールを利用して...
こちらの記事もおすすめ