その他

出来るだけ給油しない!ガソリンを無駄にしない節約術

ガソリンが安く給油できても、運転の仕方次第ではその努力が無駄になってしまいます。

ガソリンを安く給油するだけではなく、ガソリンの節約について知っているとその効果は倍増します。

そこでこの記事では、燃料を無駄にしない上手に車を運転する方法についてご紹介します。

ガソリンを無駄にしない節約術

ガソリンの節約方法はいくつかあります。

ガソリン代を無駄にしないためにも、日ごろからガソリンの節約を実践していきましょう。

ルートをあらかじめ決めて走る

目的地を決めないドライブもありますが、大抵車に乗るときは目的地が決まっていることが多いですよね。

ただルートが決まっていないと、道に迷ったりして走行距離が増えてしまうことがあります。

そうなると車は多くの燃料を無駄にしてしまいます。

とくに普段行きなれない場所や、旅行など知らない土地は、道を間違えることが多く、大した距離じゃなくても、ガソリンは意外と無駄になっています。

そのため、目的地へ行くルートはあらかじめ調べ、決めた道を間違いなく走ることが、ガソリン節約には重要になります。

>>>ガス欠注意!高速道路のスタンド事情は?

オイルをキレイに保つ

エンジンオイルは古くなると、汚れて燃費性能が低下してしまいます。

基本的にオイル交換は1年または、15,000KMが目安とされています。

オイル交換を長い期間行わないと、エンジンが焼け付いて危険な状態になることもあるので、細かくチェックして交換するようにしてください。

また走行距離が多い人は、半年ごとのエンジンオイル交換がおすすめです。

フィルターもオイルの交換2回に対して1回は交換するようにして、燃費の向上をはかりましょう。

>>>車のカタログの燃費は信用できる?WLTCモードとは

タイヤの空気圧を適正値に保つ

タイヤの空気圧が低くなると、走行時に抵抗が増えて燃費性能が落ちてしまいます。

タイヤの空気圧は、車のドアにあるシールに書かれているので、この表示に空気圧を合わせておけば、燃費性能は保つことができます。

また空気圧が高くなりすぎると、タイヤの寿命が短くなる原因にもなるので注意してください。

空気圧の調整は、ガソリンスタンドにあるエアゲージという機械で行うことができます。

もし使い方がわからなければ、ガソリンスタンドのスタッフに聞いてみましょう。

スムースなアクセルとブレーキ

運転によってもガソリンの節約はできます。

そのため、燃費を左右する急発進と急ブレーキはできるだけ控えるようにしましょう。

発進とブレーキングは、滑らかに行うことでガソリンの無駄が少なくなります。

また走行中は、エンジンの回転数をある程度キープすると、さらに燃費は向上します。

停車中のアイドリングもかなり燃料を使うので、無駄なアイドリングを減らせば燃料を節約することができます。

荷物を積みっぱなしで走行しない

重い荷物を車に入れっぱなしにしておくと、それだけで燃費は落ちてしまいます。

車体が重くなると、発進のときに余計アクセルを踏むようになり、燃料を多く使うようになるのです。

燃費を少しでも良くして、節約をしようと考えるのであれば、その時に使わない荷物は一度おろして走行するようにしましょう。

ただし、荷物もある程度の重さまでは、燃費にはあまり影響がないので、本当に重いもの以外は意識しないでも大丈夫です。

ガソリンは満タンに給油をしない

ガソリン満タンも、荷物を入れっぱなしにしないことと同じ原理です。

車は重量が重くなれば重くなるほど燃費が悪くなります。

そのため、ガソリンをたくさん入れることで、かえって燃費が落ちてしまうこともあると言われています。

しかし実際には、長い年月をかければ若干節約にもつながりますが、短期的にはあまり影響はありません。

もし少しでも節約したいということであれば、長期にわたりこまめな給油を実施してみてください。

>>>ガソリンは満タン給油と半分給油どちらの方が燃費がいい?

最後に

燃費向上のために出来ることはたくさんあるので、ガソリンを安く給油するコツと併用して、ガソリンの節約に努めましょう。

ドルコスト平均法でガソリン代節約はできるの? ガソリンの価格は常に変動しています。 ただいつ値上がりするか、いつ値下がりするかはわからないので、予測して給油することは不可能で...
こちらの記事もおすすめ