カード

DrivePayとEasyPayの違いって何?紐づけるカードは?

出光とシェルが一つになって、それぞれが持っていた非接触決済ツール「DrivePay」と「EasyPay」が相互に使えるようになりました。

この2つのツールは、どちらもお金やクレジットカードを使わず、スピード決済できる便利なものになっています。

ただこの「DrivePay」と「EasyPay」は、元々違う会社のものなので、何か違いがあるのではないかと思っている人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、「DrivePay」と「EasyPay」の違いについて、ガソリンスタンドの販促を10年以上にわたり行ってきた専門家の視点からご説明します。

DrivePayとEasyPayの違いって何?

結論から言うと「DrivePay」と「EasyPay」に大きな違いはありません。

あえて違うところを探せば、形状くらいです。

性能は以下の通り全く同じになっています。

DrivePayとEasyPayの性能

「DrivePay」と「EasyPay」は、エネオスの「Enekey」と同じで、クレジットカードに紐づけて、簡単に決済できるスティック型の非接触決済ツールです。

どちらの決済ツールも、ガソリンスタンドで無料でもらうことができ、その場でクレジットカードに紐づけることが可能になっています。

さらに4油種(レギュラー・ハイオク・軽油・灯油)、3給油方法(満タン・金額指定・数量指定)から2通りを設定できて、給油をスピーディーに行えるメリットもあります。

DrivePayとEasyPayはどうやって作るの?

「DrivePay」と「EasyPay」は、作れるガソリンスタンドが違います。

DrivePayはアポロステーションまたは出光のガソリンスタンドで、EasyPayはシェルのガソリンスタンドで作ることができます。

そのため、シェルが無くなりアポロステーションが増えていく今後は、EasyPayは作れなくなっていく可能性があります。

それぞれの作り方は簡単です。

これを扱っているガソリンスタンド(セルフ)に行って、スタッフに「DrivePay」もしくは「EasyPay」を作りたいと話すだけです。

依頼をするとガソリンスタンドのスタッフが、無料で用意してくれます。

この時に自分が用意しておくものは、普段使っているクレジットカードと免許証です。

そのほかに紐づけできるポイントカードを持っていくと、給油時にポイントが付与できるようになります。

DrivePayとEasyPayに紐づけられるポイントカード

「DrivePay」と「EasyPay」は、Pontaポイントカードまたは楽天ポイントカードの紐づけができます。

ポイントカードを紐づけと 、給油のたびにクレジットカードのポイントが貯まり、さらにPontaポイントもしくは、楽天ポイントを貯めることができます。

Pontaポイントと楽天ポイントは、どちらでも好きな方を選ぶことができるので、普段自分が貯めている方を選んでください。

どちらも2ℓにつき1ポイント、ポイントが貯まります。

おすすめの2重取り

「DrivePay」や「EasyPay」はポイントの2重取りができます。

もし2重取りをするなら、共通のポイントを2重取りしたほうが効率的です。

そこで「DrivePay」や「EasyPay」の紐づけにおすすめしたいクレジットカードがリクルートカードです。

リクルートカードは、還元率が1.2%と非常に高く、貯まったポイントをPontaポイントに交換できます。

交換レートは、リクルートポイント1ポイントに対して、Pontaポイント1ポイントの等価交換です。

そのため、月に1万円リクルートカードをDrivePayなどに紐づけて給油すると、Pontaポイントが120ポイント貯まるのです。

さらに、Pontaポイントカードを紐付ければ、ポイントの2重取りができるメリットがあります。

Pontaポイントカードを使うと、2ℓにつき1ポイントのPontaポイントが貯まるので、1ℓ150円のとき月に1万円使っていれば33ポイントのPontaポイントが貯まります。

この条件で1カ月1万円使うと、リクルートカードとPontaポイントカードで、153ポイントのPontaポイントを貯めることができます。

ガソリン給油でポイント大量獲得!リクルートカードのメリットとデメリット 高還元率カードとして有名なリクルートカードと、ガソリンスタンドの相性が良いのはご存じですか? このカードは、ポイントの還元率が1...

最後に

「DrivePay」と「EasyPay」の特徴や役割に違いはありません。

アポロステーションのガソリンスタンドでは同じように使えます。

ただしアポロステーションでは「DrivePay」しか作れないので、今後シェルが無くなると「EasyPay」を作ることができなくなる可能性もあります。

どちらの非接触決済ツールもクレジットカードとは別に、Pontaポイントカードもしくは、楽天のポイントカードを紐づけることができるので、できるだけ作成するときにはこれらを紐づけるようにしましょう。

ポイント還元率が高いリクルートカードに紐づけると、ポイントが多く貯まるだけでなく、ポイントの2重取りもできるので、個人的に非常におすすめです。

リクルートカード

楽天ポイントが貯まる!楽天Car車検のメリットとデメリット ネットで車検を探していると、「楽天Car車検」というサイトをよく見かけませんか? この楽天Car車検というサイトは、車検ができる...
こちらの記事もおすすめ